名前

下河内 優子(1974年生まれ)

エリア

大阪府

経験業界

金融系サービス業/メンタルヘルス

経験職種

営業事務/企画/運営/心理カウンセラー

実績

◆会社員としての実績
・複雑な登録業務をRPA化するための仕様をまとめ上げ社長賞受賞。
・ブラザーカンパニー40社以上を取りまとめ登録依頼書のフォーマットの統一を実現するなどにより他3賞受賞。

◆パラレルキャリア
・心理カウンセラー
・質問家 ・北海道〜沖縄、アメリカからのべ1000名以上が参加する「10分片づけクラブ」主宰。リピート率は90%を超え、時間の使い方が向上する人を多数輩出。
・時間の使い方コンサルタントとして電子書籍出版。Amazon15部門で1位を獲得。
・沖縄で毎年開催される『しつもんカンファレンス』に質問家として2回登壇
・イベント、講座、勉強会開催数 200回以上。のべ2,500名以上が参加
・初めての講座開催伴走コンサルでは生徒全員が目標を達成
・大学非常勤講師
・パラレルキャリア推進委員会 関西支部長  
同委員会 複業・起業準備部 部長  
同委員会 コラムニスト(教養:片づけ部門で執筆中)  
同委員会 雑誌編集室 取材担当  
▶︎奈良県生駒市役所  
▶︎安藤美冬様(株式会社スプリー代表、著者)  
▶︎山下翔一様(株式会社ペライチ創業者、現会長)  
▶︎マツダミヒロ様(質問家、魔法の質問主宰、ライフトラベラー)  
▶︎青木千草様(CITTA手帳考案者、ヨガスタジオCITTA代表)  
▶︎浅倉ユキ様(料理研究家、全日本ズボラ主婦連盟代表理事)  
▶︎朝倉千恵子様(株式会社新規開拓代表、トップセールスレディ育成塾主宰)  
▶︎衛藤信之様(日本メンタルヘルス教会代表、心理カウンセラー)  
▶︎高橋ゆき様(株式会社ベアーズ取締役副社長)  
▶︎小池百合子様(東京都知事 ※書面取材)2022年Spring号掲載予定

プロフィール

やりたいことが何か考えもしないまま短大を卒業し、運よく内定が決まった大手金融系企業に定年まで働くつもりで入社。やりがいとか、働きがいなんてあることも知らずに、ただ目の前の仕事と家事、育児をこなす毎日。結婚し、子供が生まれ、マイホームも購入し、端から見れば順調そうな人生だけど、全く心は満たされない日々に「私、このまま人生を終えて後悔しないだろうか?」そんな疑問が頭をよぎる。

3人目の育休中に定年退職した親との関わりの中で、やりたいことを口に出せずに、ずっと我慢をし続けてきたこれまでの記憶が蘇り、「このまま人生を終えるのは嫌だ。変わりたい」という思いで心理学の門を叩いた。

そこでの学びは、受動的に振り回されて他人軸で生きてきた自分と、思い通りにいかないことに傷つき腹を立てる幼児性を発見し、ここから人間関係の再構築を始める。

面倒なことや二度手間が大嫌いで、「とにかく面倒くさいことをやりたくない」という思いだけを前面に押し出して社内業務改善を推し進めていた時には孤軍奮闘していたが、心理学で学んだことを活かし、聴き方、伝え方、声かけを変えることで、上司や同僚からの理解を得るようになる。2022年1月、会社の長年の課題であった営業事務のサポート体制を構築するための部署へ配属され、退職までの半年間で基礎を作りあげた。

社内で、育休や時短をとっている人も少なかった時代。定時になればピタッと帰る、参観や懇談があれば堂々と休む、有休はしっかり取るといった、今では当たり前のことが難しかった時代に、「前例がなければ私が前例になる」という信念のもと、次々とタブーを打ち破る。

2019年に会社が副業を認める前から内密に許可をもらい、数々のパラレルキャリアを実践。その中で自分の強みは何か、人の役に立てる経験は何かを知り、それを活かすためにフリーランスとして2021年9月に独立。

独立後に執筆した電子書籍『「時間がない」が「やりたいことに変わる!」時短家事の始め方』は、読んだだけで行動が変わる人が続出。Amazonランキング15部門で1位を獲得。

プライベートでは高2、中3、小4の3人娘の母として子育てを楽しむ。2022年1月の誕生日に「Dear Mama」と誕生日と出版祝いに贈られた『娘3人のママの好きな所48(48歳にちなんで)カード』が宝物。人のやる気を引き出すのが得意。